イタリアの風にのせて♪



明日開かれる河野明子さんと宮崎たかしさんの
コンサートの打ち合わせが終わりました。

あいかわらずパワフルな河野さん。本堂は鉄筋
なので声が響きます。小さな音でも天からの声に
聞こえてきます。

自分の探し求めていた「声」に出会うために
イタリアへ渡り20年・・・。繊細なピアニシモの
「声」には、ブルッ~と鳥仇が立ちました。

明日は大勢の方が入場するので、音が吸収されて
どんな感じになるのか楽しみです。

宮崎さんのお持ちになられたギターは、何と180年まえの
ギターだとか・・・。

少し小さなギターですが、これが名器のような、広がりのある
一直線でストレートな音がするのです。しかも混じりけのない
張り詰めた繊細な感じです。

さて、どんなコンサートになるか楽しみです。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください