複雑な世界です



商標の登録証が届きました。この世界はとても
複雑で良い勉強になりました。

今回は「写教」です。「写(経)」ではなくて
「写(教)」です。

むずかしいお経を写すのではなくて、意味の
わかる仏の教えを写す造語です。

今回はと言いましたが、お寺の名前や永代供養墓の
「密厳霊塔」とか、商標権が許可されるものは
とるようにしています。

もともとお寺は利権が絡むところではないのですが、
ボ~としていると、何もできなくなってしまうかも
しれません。

たとえが「宅急便」は、クロネコヤマトの商標登録で
ヤマトさんしか使えません。「魔女の宅急便」という
アニメは、クロネコさんがスポンサーだったからOK。

「クール宅急便」も同様なので、しかたがないので他社は、
「チルドゆうパック」、「クール飛脚便」、「カンガルーチルド便」
「クールペリカン便」となります。

いま、机の上にある「セロテープ」は、ニチバンの商標で、
セロハンテープが一般的な名称。

「デジカメ」は、三洋電機の登録商標だから、正確には、
「デジタルカメラ」て、言わないと三洋電機さんから
クレームがきてしまう!!

その他にも、普段私たちが使っている言葉は、なんと
特定の会社の商標登録ばかり・・・。
「エレクトーン」「タバスコ」「ボンド」「クリープ」
「ドライアイス」「ストロボ」「タッパー」「フロッピー」
「MD」「キシリトール」「着メロ」「うどんすき」
「しゃぶしゃぶ」・・・。

そんなわけで使えなくなってしまう言葉とか、勝手に
使われては困る言葉を保全しています。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 複雑な世界です

  1. さち のコメント:

    なるほど
    お寺で商標なんて意外です。考えてみれば同じ名前のお寺は多いですものね。「写教」ナイスアイディアですこと(^-^)

  2. 和尚 のコメント:

    さちさま
    そうなんですよ。
    あまりそぐわない話ですが、権利社会に
    なってしまい、それが違う~~と叫んでも
    法には勝てませんから、防衛策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください