もう一つの ミシュラン



フランス・ミシュラン社のレストランガイドブックの
話題が連日報道されています。

そんなに一生懸命に報道するような話題ではないと思うの
ですが、先を越されまいと加熱気味なのでしょう。

そんなミシュランガイドにもう一つのガイドブックが
あります。それは全国のジャポンを紹介した日本の
名所ガイドブックです。

その三つ星に輝くのは、全国の神社仏閣です。

そんな中で目をひくのは、長野・善光寺のびんずる尊者。
お寺は、どういうわけか一つ星ですが、善光寺の中にある
びんずる尊者は「三つ星」です。

びんずる尊者は、お釈迦さまの弟子である十六羅漢の一人で、
神通力が大変強い方でした。

俗に「なで仏」とも言われていて、病人が自分の悪い部分と
同じところを触れることで、その神通力によって治るという
信仰をもつ仏さまです。

皆さんが触るので、尊者の「頭」はピカピカです。
みんな頭が悪いのかな??

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください