地球が危ない



毎日暑いですね。着物や衣を合わせて6枚も着て
いると、背中に汗がツ~ッと流れていきます。

あまりにも暑いので、水の中が良いかと思い
お休みをいただいて1日だけダイビングに行って
きました。

実は、海の中も年々暑くなるみたいで、50年の間で
2倍のスピードで上昇しているとか・・・。

海水温が、上昇すると生態系に変化が起こります。

たとえば、サンゴは褐虫藻という微生物と共生して
いて、そこから養分を供給してもらっているといいます。

ところが、30度を超えると褐虫藻が生きられなくなるので、
当然サンゴは死滅してしまいます。

サンゴが無くなれば、そこに生息するクマノミなどの生物も
運命をともにしなければなりません。

この動物も砂の温度が30度を超えると孵化する玉子から
生まれるのは「すべてメス」だという、恐ろしい話しを
今回聞きました。

あと20年位して危機的な状態にならないと、地球環境の
対策を考えないのでしょうか?
その時に手遅れにならないと良いのですが・・・

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください