インドの芸術



現代インドのアートを一堂に集めた「インド現代絵画展」。
日本では史上最大規模のインド絵画展だという。

インド絵画?といわれてもイメージがわかないし、主催する
山田真美さんにもお会いしたかったので最終日にお邪魔した。

インドは、ヒンズー教、イスラム教、仏教などの多宗教、
身分制度など複雑な民族的文化の影響、二次元的な考えでは
語り尽くせない普遍的なとらえ方、そして、いい加減さと
寛大さ、多様性と流動性・・・そんなものが混ぜあった
世界がインド芸術のように拝察した。

しかも抽象から具象までパターンが多種多彩であった。

山田真美さんも多才な魅力的な女性で、とてもアクティブな方だ。
現在は、高野山大学で密教の勉強をされていて、学割がきくとか・・

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください