お正月にはピッタリ



お正月の風物詩である「花餅」。
東京では見かけないけど関西方面や寒い地方では
お正月の部屋を飾るための大切な一品である。

商店街でプラスチックの花餅を見かけるが、本来は
木の枝に本物の餅を付けて神仏にお供えするものだ。

冬の厳しさで生花が手に入りにくかったり、鏡餅の
変わりに両方の役目を合体したものだ。

楓などの木に、細く切った餅を均等にまいていくと、
単純だけど、とても華やかな感じ。。。

終わったあとは、お餅が良く乾燥しているので油で揚げて
醤油で味付けすると、おいしい「あられ」が完成。

木の枝も運が良いと花が咲くこともあって、その年の
占いにもむいているかも・・・?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください