メイド喫茶


「お帰りなさいませ~ご主人さま」と迎えてくれる
メイド風のお店が流行っているそうで・・・。

「ご主人様」は「旦那様」とも呼ばれていますが、この言葉は、
仏教語で梵語(サンスクリット語)のダーナの写音で、意味は
「贈り物」を表す「お布施」のこととして使われます。

つまり、布施をしてくれる人をお坊さんたちが呼ぶ呼び名となって
「だ~な」、「檀家」(だんか)という意味になりました。

こんなことから一生懸命に思いを施しをしてくれる人・・・
妻が夫を「だんな様」と呼び、得意先のお客さんを「だんな」と
いい、飲食関係で「ダンナ」などと呼びかけるのも、すべて
ここから発生しているのです。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

3 Responses to メイド喫茶

  1. 小鉄 のコメント:

    流行り?
    前にお茶したとこな、いってらっしゃ~いって送り出してるから常連の多い店やと思うとった。勘定すまして出ようとしたら自分も言われた。行ってらっしゃいませ~。変な気分やった。

  2. 和尚 のコメント:

    小鉄さま
    空港とか駅のお店に入ると言われますよね。
    日本独特の気遣いの世界ですね?

    和尚的に変な気分は、おつりをもらうときに、店員さんが手盆のように片手を下側に添えるのは、やりすぎ・・・と思いません?

  3. 小鉄 のコメント:

    マニュアル
    接客マニュアルゆうのがあってやらなあかんみたいやで。でも気持悪うて嫌や。人にもよるけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください