お線香です



お彼岸には、墓参用のお線香を火鉢の炭でつけています。
大量に10本とかいわれると、一番速いのは火鉢という、
いろいろ試してみての結論です。

お線香を火鉢の回り暖めておくというのがポイントの①。
ポイントの②は、灰が火を伝導する媒体となってお線香に火が
つきやすいのです。

けっこうガスコンロで着火しているお寺さんは多いので、いまどき
火鉢と炭という組み合わせはめずらしいのか、皆さんが口を揃えて
「いいですね~」とお褒めの言葉。

でも、つける側になると、火傷、煙が目や鼻にしみる、咳き込む、
灰が飛んで掃除が大変、体中お線香の臭いと・・・結構大変なのです。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください