絵本の般若心経



いつもお世話になっている方から
般若心経絵本」(小学館発行)を頂いた。

彼はお坊さんでありながら絵本や紙芝居の
作家でもある。「イリアボローニャ国際絵本原画」
「ブラチスラバ世界絵本原画」とかにも入選して、
世界的な方でもあるのだ。

今回、むずかしい「般若心経」の教えを絵本という形で
伝えようとしてから構想25年、制作10年という
時間がかかっての完成だ。

「おおきな海とひとつになる 宇宙を包む大いなる母
ハンニャハラミツ・・・」この絵本の確信部分。

実は和尚はダイビングで海の中に潜っていると、
奇妙な地形、どこまで続くかわからないドロップアウト、
塩の流れ、温度、気圧・・・そんな中に身をおいて中性浮力を
保っていると、母体の羊水の中は「こんな感じ?」て、感じる
ことがある。

「宇宙そのまま夢のゆりかご」とは師僧の言葉。
説明文の多い解釈本に比べてナイスでした

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください