これでいいのだ~



天才バガボンの本を改めて読んだ。
結構ブラックで大人のギャグだった。

実はこの「バガボン」の名前は仏教語である。
「薄伽梵」と書いて「ばがぼん」もしくは
「ばぎゃぼん」読む。
意味は、いわゆる「仏」という意味だ。

あなたは「バカボン」の愚かさを笑っていた・・・?
でも、実はバカボンは悟った者であり、それを
見て笑うのは、笑う本人が気づいていないだけ・・・。

そんなことは世の中にたくさんあるさと言いたげな
赤塚不二雄さんのブラックがこもっている。

「これでいいのだ~」といフレーズも仏の広い
世界観を表している言葉だ。
例え自分の目の前にいる人がどんな人であれ、
「それでいいんですよ」「それでいいじゃないですか」と
いう最高の肯定の世界観を意味している。

そんな風に思えるのは、自分が自分にOKをだして
いないと人のことにOKは出せない。
つまり「I am OK! You are OK!」のOK牧場の
世界観が仏の世界なのだ。
これじゃガッツ石松?でも・・・。
「これでいいのだ~」

ちなみにバガボンパパの口ひげかと思って
いたが、鼻毛が正解らしい。これも
「これでいいのだ~」

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

4 Responses to これでいいのだ~

  1. バナナ牛乳 のコメント:

    そうだったのか
    バカボン→バガボン→薄伽梵……
    なんか急にパパが崇高な人物に思えてきました
    リアルタイムで漫画やアニメを観ていなかったのですが
    やけに印象的なのはやはりブラックさ加減です。
    無意味やたらに発砲するおまわりさんとか……
    ブラックでもあり、パンクでもあり… 

    『これでいいのだ~』。
    今の自分にはちょうどいい言葉っす。
    じんわり沁みるっす……

  2. 和尚 のコメント:

    バナナ牛乳さま
    「カ」が「ガ」になってましたね
    これでいいのだ~

  3. Unknown のコメント:

    赤塚不二夫さんは今
    赤塚不二夫さん2年位前に倒れてそのまま眠ったきりの
    ようです
    おもしろいマンガ書いてくれたのに、また執筆して
    欲しいのだ~
    赤塚不二夫担当の編集者あの武居俊樹が書いた

    赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

    という本が出ています。

    P.S  上のイラスト実はバカボンパパなんです
    バカボンはうずうずほっぺの小学生です

  4. 和尚 のコメント:

    Unknown
    寺の近くにはトキワ荘なんて言う
    アパートもありました。
    だから身近に感じます。
    http://www.ghost.ne.jp/~yuk/tokiwa/tokiwa-sou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください