鳥の仏教



酉年ももうすぐ終わり。
当たり前ですが、次の酉年は12年後。
ということで、酉年のうちにぜひ紹介しておきたい本があったので、今回は
そのことについて書きたいと思います。

その本のタイトルは、ずばり『鳥の仏教』といいます。
高名な人類学社でいらっしゃる中沢新一さんが書かれたもので、チベットに
伝わる同名の経典を訳したものだそう。

むかしむかし、インドとチベットにはさまれたとある場所に、豊かな森に
かこまれた美しく素晴らしい山がありました。そしてそこには、多くの鳥たちが
楽しく暮らしていました。

あるとき、この山に一羽のカッコウが降り立ち、大きな白檀の木の下に座ると
深い瞑想をはじめます。
このカッコウは、鳥たちに正しい仏教の教えを説こうと思い立った観音さまが
姿をかえたものだったのです……。

という場面からはじまる、まるで童話のようなおはなしなのですが、瞑想から
さめたカッコウ(つまり観音さま)が鳥たちに話をする段になると、その内容は
深く仏教の本質を説いたものになります。

カッコウは集まった鳥たちに仏教の真理を説き、それを受けたハゲワシ、ツル、
カラスやフクロウといったさまざまな鳥たちの口を通して、「どう生きることが正しいのか」
「どうすれば正しく生きることができるのか」といった深い内容が次々に語られてゆくのです。

と書くといかにも小難しく思えてしまうかもしれませんが、実物を読んでもらえれば
すぐにわかるのですが、その内容はとても易しい言葉で読みやすく書かれています。

もともと『鳥の仏教』は、チベットで幼い僧侶や庶民が仏教を学ぶ入門書のように
読まれていたのだそうです。つまり、一般庶民にもわかりやすく、仏教のエッセンスを
抽出したお経だということ。

日本語に訳されたこの本も文庫本で100ページほどしかありません。それでいて
その中身は、何度読み返しても新たな発見があるような、深いものなのです。

百聞は一見にしかず。下手に内容を要約するよりも実際に手に取り、読んでみるのが
一番だと思いますので、興味をもった方はぜひ本屋で、あるいは図書館で探してみてください。

表紙や挿絵につかわれている鳥の絵もとても美しく、見応えがありますよ。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。