七五三はお寺で?神社で?



11月になると、あちこちで晴れ着姿の男の子、女の子を見かけるようになります。

七五三、可愛らしいですよね。千歳飴を引きずらないよう頑張って持ち上げている
ところなんかを見ると、思わず微笑んでしまいます。
なかにはお父さんお母さん、じいじばあばのほうが大張り切りで、本人は着物脱ぎたくて
しょうがなさそう、なんて光景もありますが。

七五三はもともと旧暦11月15日に行うものとされていましたが、ここのところは
世の中の変化もあって11月前後の週末であればいつでも…という流れになっています。

ご夫婦そろって休みをとるのも、なかなか難しい時代ですから。もちろん平日でも
全く問題ありません。

さて、この七五三、神社でやるのが本来でしょうか?それともお寺?
ちょっと迷ってしまいますが、これはどちらとこだわらずに行ってよいものです。

もともと七五三が始まったのは、徳川5代将軍綱吉の長男、徳松君の成長を願って
とりおこなわれた儀式がきっかけといわれています。

この祝い行事が庶民にも広がって定着していったものだそうで、まず江戸から関東
あたりの習慣になったものがやがて全国的に普及していった、という流れ。

そういうわけで、特に神道や仏教の伝統というわけではないので、どちらでも
構わないんですね。

残念ながら七五三の元祖となった徳松君は、わずか5歳でこの世を去ってしまっています。
幼児死亡率の高い時代、将軍の長男といっても例外ではなかったのです。

また皇室には、一般の七五三にあたる行事で、深曽木の儀、着袴の儀といった
ものがあります。

こちらは平安時代から脈々と続けられているもので、ここで用いるお着物は
ご誕生の時に天皇、皇后両陛下から贈られるしきたりになっているそうです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。