お坊さんもハマった将棋



ここのところ、テレビでも新聞でも藤井聡太四段を見ない日がありません。

14歳最年少でのプロデビュー、デビュー初戦から前人未到の29連勝。
それにあの、中学生とは思えないクールな受け答え。
何十年に一人の天才、というのが素人目にもよくわかります。
これからもどんな伝説を作ってくれるのか、楽しみですね。

将棋の発祥は、インドのチャトランガというボードゲームだとされていて、
そこから東西に広がり西ではチェスに、東では将棋に変化していったといわれます。

日本でも古くから将棋が楽しまれていたのですが、
さて、日本で一番古い将棋の駒はどこで発見されたでしょうか?

実は、最古の駒が出土したのは奈良県の古刹、興福寺の跡地(旧境内)なのです。
一緒に見つかった木簡の文字などから駒は11世紀のものと考えられています。
11世紀といえば平安時代。

平安時代のお坊さんも将棋に夢中になっていたんでしょうね。

また、この時に見つかったのは「酔象」という駒でした。
酔象とは聞き慣れませんが、実は将棋には現在一般的な「本将棋」のほかに、
小将棋や大将棋、天竺将棋などさまざまな種類があって、この駒も平安時代に
さかんだった将棋ではごく普通に使われるものでした。

「酔った象」なんて無敵じゃないか…という気もしますが、この駒がすごいのは、
成ると「太子」という駒にかわり、玉将と同じ動きをするというところ。

つまり王さまが、とられても、太子(王子)がいればまだ負けにならない、という
ことです!
なかなかすごいルールですね。

象が太子に成るというルールは、どこか「6本の象牙のある白象の夢をみてお釈迦様を身ごもった」と
いう摩耶夫人(お釈迦様の母)の伝説を思わせます。

仏教と将棋の意外に浅からぬ関係についてのお話でした。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。