ロボット奉納



お檀家さんから「掃除大変でしょ?」といわれて
「はい」と答えたら、お掃除ロボットを奉納して下さいました。
アメリカ生まれの30センチほどの円盤状の掃除機です。

お寺の掃除といえば素足で雑巾がけなんていうイメージが
ありますが、基本的には人力です。
それが、まさかロボットで掃除するとは仏さまビックリです。

ちょっとワクワクしながらスイッチを押すと小型ながら大きな
音を出して動き始めました。6畳の部屋を壁に障子に襖にぶつかり
ながら、奇妙なランダム動線で掃除を始めます。
掃除のプロが見れば「おい!こら!あちこち掃除するな!順番に
掃除しろ~」と怒られてしまうかも。

30分ほどで完了し、充電器の所まで自ら進んで終了の合図を。
結果の方といえば、ちょっと微妙かも・・・。
でも、この時間を他のことに当てることができるし、完璧を
求めなければ、良い感じかもしれません。

これから日本は人口減によって、外国人の労働力に頼らなければ
ならないかもしれないとか?
国境のない島国日本にとってみれば、多くの外国人の受け入れは
違和感を感じる人もいるかもしれません。

そこでロボットの登場。折しも今日はつくば市と電脳の中心地
秋葉原を直通で結ぶ、つくばエックスプレスが開通しました。
これから、お話、受付、介護などのロボットが登場していく
近未来を、和尚はこの掃除ロボットをみて感じるのです。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。